日本のピカソ?河井寛次郎の家

e0074955_17511615.jpg     
10年ほど前におとずれて感銘を受けた
河井寛次郎記念館
に是非もう一度行きたかった
N氏に我侭を言ってサポートしていただいた
今回こそドジは無いと確信したのに 大きなドジ033.gif
充電して安心していたカメラにメモリーが入っていなかったのだ
そういう訳できれいな写真はNさんからお借りしたものです

寛次郎は何でも創った その形は自由でおおらかだ
井上靖の”忘れえぬ芸術家たち”と言う本の最初に
寛次郎のことが書かれている その文章の中の寛次郎に
改めて惹かれたことで京の旅の2つ目の目標にした

この土間で 棟方志功も井上靖もその他たくさんの芸術家が
「よぉ いらっしゃい!」とにこやかに迎えられ
この居間で歓談したのだ 
と思うと何時までもこの空間に座っていたくなった








e0074955_2352760.jpg

e0074955_1831115.jpg  e0074955_18324246.jpg




 









      いかにも寛次郎らしい素焼き窯
e0074955_22273244.jpg


      一番奥にある登り窯
e0074955_2226259.jpg


      
e0074955_22341481.jpg



e0074955_18363321.jpg

障害者もちゃんと入場料を取ってくれたので ほっとした
靴を脱がなくていいように カバーを貸してくださったのも嬉しかった
その上絵葉書セットまでくださった 全部ホテルで書いて使いました ありがとうございました
手がかかるのに安くして頂くのは気が引けるのは私だけだろうか? 
2階もとても見たかったが 手すりが無かったので諦めた


  
     



 

 この栞の文章に寛次郎の心が見事に継がれていると思った
  
e0074955_23334279.jpg



      河井寛次郎”炉辺歓談”の本を読んでいると 
      まるでお会いしているような喜びに包まれます





にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村
にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ
にほんブログ村
Commented by kanmyougama at 2010-03-13 10:27
お疲れ様。河井寛次郎の素焼き窯・登り窯・作品・・・を目にできてよかったですね。
あの独創性にみちた作品がどこから生まれたのだろうと思うことですが、彼の文体、表現がとても繊細で観察が行き届いていて感心したことがあります、
そんなことからも、ルーツを探ってみたいとかねがね思います。
Commented by aamui at 2010-03-14 04:03
★kanmyougamaさん  ありがとうございます 興味のある事のルーツを探ることは結局自分探しのことなのかなとこのごろ思います
Commented by sarasa-reisia at 2010-03-14 11:50
あぁ・・・日本と思いました。
「ここに、ずっと座っていたい」という気持ち、分かる気がしました。
Commented by aamui at 2010-03-14 16:19
★sarasaさん 遺族の方がしっかりと残していらっしゃるので ほんとにありがたいです 今度は民芸館にも行きたくなりました お疲れが残らないようにしてくださいね
Commented by ぴぃたろー at 2010-03-14 17:56 x
京都は、そんなに遠くないのですが
行っていない所が、まだまだいっぱいあります。
ここも、いつかは行きたいです。
Commented by aamui at 2010-03-14 23:02
★ぴぃたろーさん こんばんは 私も同じです ちび君たちがもうすぐ手が離れるから いくらでも行けるわね
Commented by tea-tea-chai at 2010-03-15 19:26
おかえりなさ~い♪
京都への旅、ワクワクドキドキでお出掛けだったことしょうね。
↓の新幹線はゆったりしていて快適な旅にスタートでしたね~。
そしてaamuiさん、とってもおしゃれ☆素敵ですよ~。
↑の登り窯、近くで見たみたいです。
Commented by la_maison_de_vent at 2010-03-15 20:04

私も河井寛次郎さんの言葉に出逢った時には、
大きな衝撃を受けました。

見えないものを見る目
仕事をするということ。
つくるということ。

彼の目線を追いたいですよね。
Commented by maribaba at 2010-03-16 06:26 x
こんにちは。
まずますの旅の出だしでしたね。
新幹線とても居心地よさそうなお部屋ですね。
京都での見所は、aamuiさんならではですね。
Commented by aamui at 2010-03-16 06:51
★teaさん 今回は下見みたいになってしまいましたので 又行きたいと思います やっと慎重な女になりました(^^♪

★makikoさん 生活を大切にすること 特に男性がそうした気持ちの持ち主の場合 どんなに毎日が愉しいことでしょうと思います 
ランチ皿今までの半分の重さになり楽になりました (^ア^)(^リ^)(^ガ^)(^ト^)!ね

★maribabaさん デザインの良さがこんなにも気分をよくさせるものかと改めて思いました 見残したところやり残したことがいっぱいです

Commented by yukiwaa at 2010-03-16 07:19
私も座りたい!ぜひ、行って見ようと思う。

楽しい京都でよかったですね。
Commented by aamui at 2010-03-17 05:54
★yukiwaaさん ぜひ行って見てくださいね ついでに鍵善良房でくずきりを食べて寛次郎を偲んでくださいね
Commented by やよひ at 2010-04-01 14:57 x
始めまして!!今までお顔を拝見することが無かったので(小さい写真で分からなかったりして!!)想像していたとうりの方。嬉しくなってしまいました。これからもよろしく。笑い 京都は私の好きな町の1つ。今年も夏に奈良に行くので、帰りにちょっと寄ってみようかしら!
Commented by aamui at 2010-04-05 11:37
★やよいさん 今まではどっちかと言えば奈良の方が好きでしたが 不自由になりましたので 街中が便利な京都が楽になりました 今年の奈良盛り上がりますね ああ行きたくなった!何時も綺麗な楷書ありがとうございます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by aamui | 2010-03-12 23:35 | バリアフリー・バリアアリー | Comments(14)

手紙は見えない相手との会話です 手紙大好き もっと手紙を描こうよ★HPはケセラセラです


by mui
プロフィールを見る
更新通知を受け取る